修理・修復

はじめに

フィギュアやスタチュー、その他あらゆる修復承ります。
手作業による復元はもちろん、デジタルスキャン~3D出力を使っての複雑な復元にも対応いたしますのでほぼあらゆる状況にご対応できます。
アクションフィギュアの関節やスタチューの指先、角といった小さな部分から撮影用プロップの修復まで、まずは一度ご相談ください。

当店はSF系モンスターなどが中心のお店ですが、修復のご依頼はアニメキャラからミリタリー物、子供用まで幅広くご対応させていただいております。

小さな破損など、内容によっては店頭にお持ち込みいただければその場で修復→引き渡しすることも可能です。
ご遠慮なくご相談ください。

メール、写真から判断して概算のお見積りをお知らせいたします。

依頼品を当店へ発送してください。 到着後に最終お見積りをお伝えいたします。
発送先:〒164-0002東京都中野区上高田2-3-22 サイコモンスターズ

最終お見積りがOKでしたら作業着手いたします。

修復が完了いたしましたらメールにて写真をお送りいたしますのでご確認いただきます。

OKでしたら費用をお支払いいただきます(銀行振込・代引)御入金確認後にご返送となります。

下記の事例のような特殊な素材はもとより、小さなフィギュアのほんの少しの塗装の剥げや欠けてしまった指先など、キャラクターを問わずそういったご依頼を多く頂いております。

小さな欠けなどは1,000円~程度からの費用が中心ですのでどうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

事例:コールドキャスト製スタチューの修復

透明素材の牙が折れてしまったクイーンのスタチュー。 目立つところなので気になります。
折れた部分を根元から除去し、新規で制作した透明素材の牙を取り付けて周囲と色を馴染ませて完了です。

事例:FRP製レプリカヘッドの修復

運送時に各部が欠けてしまったFRP製のクイーンヘッド。いくつかの欠片が回収できなかったのでその部分はパテを使って復元。 通常のパテ ではなくヘッド本来の素材と同等のパテを使って強度をもたせています。パテ修正の後に塗装をし、クリア塗装で他の部分との境目をなくして完了です。

事例:ラテックスの経年劣化の修復

ラテックスの両耳が劣化し、自重によって変形してしまった等身大ヨーダ。
ここまでいくと修復は難しいため、粘土原型を作り石膏型をとってオリジナルと同等の素材で新たに作り直します。
原型の造型も極力オリジナルに合わせ、最後に周囲と色を合わせることでほとんど違和感はなくなります。